お中元やお歳暮日の相場について

お中元やお歳暮日の相場について

お中元やお歳暮は普段からお世話になっている人たちへの感謝の気持ちを伝えるものです。

贈る相手としてはおもに、自分の仕事場の上司や学生時代の恩師などといった目上の人が多いことでしょう。

ですので、できる限りの最低限のマナーは押さえておきたいところです。


そこでまず知りたいと思うのは、お中元やお歳暮の相場といったところでしょう。もちろん感覚としては人それぞれなところもあるでしょうが、総じて一般的には相場は3千円から5千円くらいといったところです。

お歳暮の通販に関する予備知識の情報が満載です。

会社の上司などといった目上の人に贈るような場合には5千円くらいの品物がよいでしょう。あまり高額すぎても、相手からすると負担にもなりかねませんので注意しましょう。

また、お中元を贈るタイミングは、地域によっても多少違うものの、普通は7月上旬から7月中旬までに贈るものとなっております。



もし7月中旬を過ぎてしまった場合には「熨斗」と書かれた表書きを別のものに変更して贈れば大丈夫です。8月8日までなら表書きは「暑中御見舞」と書かれたもので、それ以降9月上旬までなら表書きは「残暑御見舞」と書かれたものを用意するといいでしょう。
お歳暮の場合は12月上旬から12月25日までに贈るのが普通ですが、この時期に贈るのが遅れてしまった場合も同様に表書きを変更して贈れば問題ありません。



正月1月7日までなら、「お年賀」、2月4日までなら「寒中御見舞」の表書きで贈るとようにしましょう。