トラックのレンタルとリースの違い

トラックを購入するのではなく、別の会社が保有するものを借りる場合は、レンタルまたはリースのどちらかを選択することになります。そのふたつの大きな違いは、契約期間の長さにあります。リースは大体3年前後という、長いスパンで契約を結びます。そして原則的には契約を途中で止めることはできず、もし止める場合は違約金が発生します。

それに対してレンタルは期間が比較的短く、1日単位でも借りられる場合があります。その代わりとして1日単位で計算すると、リースよりも割高になりやすいです。したがってイベントや局地的な応援といった、短期的な利用に向いています。つまりレンタルとリースでは活躍できる場面が異なるため、どちらかを適当に選ぶのではなく、具体的な必要に応じて利用することが大切です。

またリースには長期利用だと実質的に安くなるというメリットに加えて、トラックの質が高めという強みもあります。レンタルだとあらかじめ用意してあるもののなかから選ばれることが多いですが、リースの場合は新車が提供されるのも珍しくはありません。さらにあくまでも所有権は会社にありますが、リースだとナンバーは他のトラックと同様のものが使われます。レンタルしていることを示すわのナンバーではないため、新しいトラックをステータスとして活用できるかもしれません。

その上トラックにオプションを付けやすいのもリースの方で、使い勝手を高めたり見た目の変更などができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*