トラックはレンタルした方がよいのだろうか

仕事でトラックが必要となった場合に、レンタルした方がよいのか購入した方がよいのか迷う人は多く見られます。新車はかなりの値段となり、中古車も希望のものはめったに見つからず、だからと言ってレンタルにしてもやはりコストはかさみます。トラックをレンタルすることのメリットとしては、毎月の費用が一定額になり故障の時にも対処してもらえることや、税金や車検代などをいちいち支払わなくて済むこと、リース代として月々に支払うことにより会計処理が楽になるなどのことが挙げられます。確かに費用はかかりますが、急な支払いに困ることもなく、面倒も少ないということがわかります。

反対にデメリットに挙げられることは、リース会社を通すことから、手数料が含まれるため余計なコストがかかること、ローンではないので期間が終わっても自分のものにはならないこと、いったん契約すると満了するまで解約できないことなどがあげられます。レンタル会社やトラックの種類によっても異なりますが、具体的にどれくらいの料金相場なのかというと、一般的な2tダンプの場合に、ローンで5年返済の場合には月々5から6万円がかかります。それに対して自動車税だけが含まれるリースであれば、月々5.5万円ほど、メンテナンスリースの場合には内容によっては7万円くらいからとなります。このようなことから最終的にどちらを利用すればよいのかというと、短期的な仕事が入った時や急にの理解を余儀なくされた、乗り換えを検討しているけれども悩んでいるなどの場合にはリースを選ぶのも一つの手段といえるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*