中古車を購入するときに注意すること

中古車の購入を考える場合、事故車や修繕歴の有無について不安がある人も多いでしょう。中古車購入をして間もなく故障をしたり、修復歴なしと書いてあるので安心して購入したら、修繕歴があることがあとからわかったなど、不安が多いです。そこで、以前のオーナーによる、故障の有無を知るのはどのようにすればよいのかと言えば、点検記録簿の記載です。また、その車がディーラー者であるか無いかも重要です。

個人の中古車販売業者は全国に無数にあります。これらの業者は古物商の資格を有し、取引を商いとするものです。販売業者の中には、整備資格がない人がとても多く、慣れで事業を行っています。認定工場を持ち整備士が在籍する販売と修理をトータルで行う店舗がもっとも信頼できます。

また企業規模においても大きく、財務内容を公開しているような企業は、コンプライアンスレベルが高いと言えます。最も信頼性が高いのが、ディーラーです。ディーラーは新車販売がメインで、中古車販売は系列中古販売専門店にお客を紹介するか、該当車両を回してもらうことで販売となります。ディーラー系の中古車は高いとの意見があります。

確かに、販売店での展示価格は高く感じますが、一般の自動車販売店で中古を扱う場合に、オークションから仕入れをし、仕入れ価格に手数料や利益を大きく付加します。安いものを仕入れて利益を乗せて売るため、概念上は同様ですが、自社での検査システムや整備保証システムを持たないため、後にクレームの対応において極めて低いと言えるのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*