トラックにラッピングをしてみませんか?

トラック広告の目的は、もちろん自社名や取り扱う商品などをPRしたりイベントの告知をすることでもあります。昔からあるオーソドックスな広告ですが、色々なイラストなどで人目を引きやすい広告方法でもあります。ひと際目立つ派手な面白いトラックが走っていると、つい目で追ってしまったりします。信号待ちや渋滞中、そんなトラックが止まっていると、余計に気になってしまうそんな人もいるでしょう。

特に興味がなくてもそんなラッピングのトラックが走っていれば思わず振り返ってしまうのがラッピング広告です。街を歩いている時や車を運転している時、車に同乗している時など、いつでも無意識的に見てしまう視覚効果は、不特定多数の人に対して行われています。直接見せたいターゲットなどを含む、多くの人を巻き込む広告媒体としての効果は期待してもよいのではと思われます。規制によってラッピングが禁止されている業種がないことも企業にとっては大きなメリットになっています。

しかし実際にどの程度のハッキリとした広告効果があるのかは判らないところもあります。効果はその広告を見た通行人一人ひとりの記憶にどの程度残っているかにかかっています。そして運転者がいる移動広告車なので運転する人間の走行態度で、その広告の印象が良くも悪くも変わってしまいます。そんな運転者のマナーを向上するために、運転者の家族の絵などをトラックにラッピングした会社もあります。

工夫次第で色々な使い方がまだまだあるラッピング広告なので試してみるのも良いかもしれません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*