中古車の汚れと査定額について

ネットや雑誌を見ると、中古車は綺麗にしておくと高く売れるとか、汚れていても関係ないとか、色々な意見があるものです。これらについては正解はなく、中古車の買取業者の方針や査定士の裁量で変わってきます。洗車してもしなくても値は一緒という業者もあれば、洗車するだけで5000円は値をつけるという業者もあるのです。業者の運営方針や査定士の考えは売り手にはわからないので、実際に洗車をすれば高値がつくかどうかは判断できません。

しかし、洗車をすれば高額査定がつく可能性は高まるわけですから、洗車をしてから査定を受けたほうがいいのは間違いないです。査定前の洗車はマナーであり、査定士が正当な査定を行えるようにする意味もあります。汚れでキズを隠してしまえば、マイナス査定にならなくて済むと考える方もいるでしょうが、このような戦略はまったく通用しません。キズやヘコミは簡単に発見されますし、もしドロドロになっていたらキズが多いのだろうと判断されてしまいます。

中古車の売却において、プラスポイントを評価してくれることは少ないですが、マイナスポイントは簡単に減点となるのです。査定は査定士の心証により決まる部分も大きいですから、不快な思いをさせることにメリットはありません。お互いが気持ちよく取引できるように、査定を受ける前には洗車とワックスがけ、車内クリーニングを行っておきましょう。タバコの臭いは消臭しておいたほうが、プラス評価となる可能性が高くなります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*