中古車を選ぶ際のタイヤチェック

中古車は魅力的な車が多いので人気があります。ただし、中古車は一度使われているので気をつけないと購入後に追加の出費がかさんでしまうということにもなりかねません。中古車選びで重要になるのがタイヤです。特に最近の車はタイヤが大きくなる傾向があるので後で購入しようとした場合かなりの出費になることもあります。

中古車は一般的にラジアルタイヤ付きで販売されます。都心から以西の場合冬でもタイヤ交換が必要ないことが多いですが、雪が降る地域ではスタッドレスタイヤが必要になります。中古車によってはスタッドレスタイヤが付属していることもあるので雪がふる場合にはチェックが重要です。スタッドレスタイヤは一般的にラジアルタイヤよりもかなり割高です。

さらに中古のスタッドレスタイヤが付いている場合には状態を確認しないといけません。スタッドレスタイヤは溝がとにかくあること、また、柔らかいことが大事です。指で押してもぐにゃぐにゃするくらいでないと雪道で役に立ちません。また、3年を経過したタイヤの場合でも性能が一気に落ちていることが多いと言われています。

ラジアルタイヤと同様に考えてはいけません。また、付属のラジアルタイヤも注意が必要です。溝がしっかりしている、タイヤのサイドにひび割れがないことが大事です。雨の日など溝がしっかりしていないとスリップの原因になりあす。

また、製造年がタイヤに書かれていますのでよほど古い場合には交換などを申し込むことが必要です

Leave a comment

Your email address will not be published.


*