新車よりも中古車で得をする

自動車は人生においても大きな出費のひとつであります。一度購入をしたら何年かは使うものなので、買うときにはそれなりの決断をしなくてはなりません。新車を買えればそれに越したことはありません。しかし新車となるとかなりの出費を覚悟しなくてはなりません。

したがって、新車を買うときは、自分のふところ状況と比べながら、車を決めることとなります。その点、中古車は新車に比べて安くなる点においてはメリットがあります。少しでも利用暦があると中古車での扱いになりますが、同じ車でも新車か中古車では大きく値段が変わります。逆のことを言えば、新車を買い、少し乗っただけでも中古となってしまい、価値が大きく下がってしまいます。

たとえば200万円の新車を購入し、ほんの1週間で200キロほど走行しただけでも数十万円の価値が下がってしまうということもあります。このことから言えることは、比較的新しく、走行距離もさほどいってないような場合は買う側にとってはメリットがあると言えます。とりわけ普通では手が届かないような高級車、輸入車などはおすすめです。かなりお得に手に入る可能性があります。

ただ、中古車はすべてがよいというわけでもありません。場合によっては何かしら問題があるために手放したことも考えられます。したがって中古車を購入する時は、可能であれば試乗をさせてもらい、自動車の状況を確認することが大事です。また隅々までボディや車内を確認して事故暦や問題がないかも確認しなくてはなりません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*