廃車に必要な費用は実質ゼロ

廃車は直接解体業者に車を持ち込むことも可能で、その際に必要になる費用というものがあります。どうせ費用が掛かるなら、ディーラーや中古車販売の会社で廃車の手続きをお願いするのと一緒ではと考えたり、結局はお金がかかるのかといぶかしく思う向きもあるかもしれませんが、大した額ではないのです。廃車するために必要な費用の第一は引き取り費用になります。つまり搬送費で、事故車や故障車など自力走行が不可能な場合、あるいは自分で持ち込むだけの時間的余裕がない場合には解体業者が搬送用トラックを差し向けて回収することがほとんどです。

業者によっては地域限定で無料とすることもあります。次に必要なのは登録抹消費用で、車を廃車するには抹消手続きをしなければいけませんが、これが実に煩雑で面倒な作業です。ハンコをひとつ押し間違えただけで、最初からやり直しと命じられることも多々あり、経験のない人にとってはうろたえるばかりですが、その作業を解体業者が希望があれば代行手続きを行ってくれます。その費用として実費を請求されるのが普通ですが、この手数料に差があり、中古車販売店などでは高く請求されることもあるのです。

廃車に必要な費用はこの二つだけであり、簡単に言えば、自分で車を解体業者に持ち込むことができ、登録抹消の手続きを自分で行うのならば、発生しない費用ですから、本来、必要な費用は実質ゼロといっても差し支えないものになります。そうであるなら、直接持ち込んで、査定してもらい、お金が戻ってきたほうが得といえるのです。トラックのレンタルのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*