廃車にする前に車の点検をして売買可能かの確認を

古くなり、使わなくなった車は廃車の手続きを行わないと自動車税を取られ続けてしまいます。しかし、手続きそのものにも料金が発生するのでなんとかお金を使わずにすます方法はないものか考えた場合、おすすめなのが買取業者に買取ってもらうことです。しかし、廃車にする予定の車が売れるのかと疑問に思う方もいるかもしれません。もちろん100%確実というわけではありませんが、廃車寸前の車にも意外に需要があるのです。

例えば、日本ではポンコツとみなされる車でも東南アジアなどの途上国では現役車として普通に走っていますし、車自体が駄目でもエンジンなどのパーツが使える場合もあります。そして、それを確認するためには事前の点検が必要です。中古車買取店に車を持ち込むとまず、業者はエンジンのかかり具合、走行中の挙動、ブレーキの効き具合などを点検します。これで大きな問題がなければ車としての査定額を出し、その金額で取引が成立というのが一般的な流れです。

点検の結果、車としては使えないと判断される場合もあります。しかしそれでも、各パーツの部品や鉄として再利用できる金属部分には価値が残されているのです。したがって、中古店に買取を拒否されても中古パーツを扱っている、あるいは解体業者と提携している業者であれば車を引き取ってくれる可能性は大いにあります。金額としては微々たるもので、最悪の場合、無料での引き取りになるかもしれませんが、お金を払って廃車手続きをするよりはずっと良いはずです。

自分の車の廃車を検討している方は一度業者に点検をしてもらってその車の価値を確認しておくのが賢明でしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*