お歳暮を贈るのに失敗しないために

お歳暮を贈る時に、失敗しないようにするためには、あらかじめマナーについては知っておくべきです。

マナーを守らない場合、相手を不快にさせてしまう恐れがあります。

お歳暮とは、相手に対して感謝をつたえる目的で贈る物ですから、マナーを守って不快にさせないことは大切なことです。

そのため、初めて贈る場合は、知識を蓄えておきましょう。



まず、お歳暮を贈る時期ですが、これは年末です。


具体的には、12月の上旬から、20日ころです。
関西地方の場合は13日ころくらいから贈る習慣のようですが、近年ではあまり差がなくなりつつあります。

また、現在では11月下旬暗いから贈ることも増えています。


贈る時期が早い分には問題ありませんが、遅くてはダメです。

というのも、年越しの直前は、どこの家庭も準備で忙しいからです。なるべくそういった直前期を避けた方が、相手に気を遣うことになりますから無難です。
生ものを贈りたい場合は、少し遅めでも構いませんが、それでも余裕があった方が配慮になります。
事前に送り状を出しておくのも良いです。

事前に送り状を出しておけば、受け取る側も準備をすることができるからです。

送り状は添えて送っても良いですが、贈る時期などに合わせて柔軟に対応すると良いでしょう。



お歳暮の品としては、色々な物が選ばれていますが、履物や肌着といった物が送ってはいけないとされています。

ただし、ギフトコーナーではそもそもマナー違反な物は置かれていませんから、あまり気にする必要はないでしょう。