お歳暮で心がけたいマナー

お歳暮は本来の習慣が年月を経過することで、年末に日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めてギフトを贈るという形式に変化してきました。

最近では大切な人との絆を強めるためにギフトを贈るといった形式が人気となっています。



お歳暮は本来、相手先まで直接向かい渡すのが礼儀とされていましたが、最近ではデパートやインターネットで著説配送されるのが主な受け渡し方となっています。


少し前まではお歳暮に送る品物として、現金や金券類は相手にお金に困っている人という意味になるため避けられていましたが、最近では感謝の意味を込めてビール券などの金券としても多く利用されています。



現在も贈り物として避けた方が良いとされている品物は、靴下やスリッパなどの下着類・筆記用具類・ハサミなどの刃物類といわれています。



特に下着類は目上の方に対し、踏みつけるといった意味になり感謝の気持ちとかけ離れてしまうため注意するようにしましょう。お歳暮はお世話になった方に対して贈り物をするのが一般的なため、基本的には贈られる相手はお返しをしなくてもよいといわれています。

しかし、マナーとして品物を受け取ってすぐに電話または手紙で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。どうしてもお返しをしたい場合は、もらった品物と同額程度の品物を送るようにすると良いでしょう。


感謝の気持ちを相手に伝えるものであるため、贈りたい相手が喪中であっても送るのは問題ないと考えられています。