お歳暮のマナーと相場

お歳暮とは、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈り物をすることです。

時期は年末になりますが、地域によって異なり一般的には東日本で11月下旬から12月20日前後で西日本は12月13日から20日前後になります。


送り先の地域に合わせて送るのがマナーなので、相手先の時期を調べてから贈ると良いでしょう。


また、夏に贈るお中元とセットで贈るのが一般的ですがお歳暮の方が重視される傾向があるので2つとも贈るのは厳しい場合にはお歳暮だけにしても良いです。
人気のお歳暮は、鍋に入れることが出来る蟹やフグなどの海産物、ハムなどの肉でお正月に大人数で食べられるものが喜ばれています。
その他にもビールやフルーツの定番商品も選ばれています。最近では百貨店が選んだ独自の商品やご当地グルメなどバリエーションも豊富になっています。

相場は3000円から5000円が一般的ですが、中には10000円以上のものを贈る方もいます。



あまり高いものを贈ると相手方に気を使わせてしまったり、また次の年も同等のものを贈らなければならなくなるので無理せず出来る範囲内にすると良いでしょう。



特にお世話になっている方や同居していない親には5000円相当のものを、知人や友人には3000円相当のものが選ばれています。
お歳暮を贈るうえで一番大切なのは贈る相手の好みを把握しておくことで、お酒の飲めない相手にビールを贈る、などということにならないようにしましょう。
また、家族構成の把握や贈り方にも気を配ると感謝の気持ちがより一層伝わるでしょう。