お歳暮の起源と基礎知識

お歳暮は、一年間お世話になった方に対して年末に贈る贈り物であり、毎年当然のこととして行われますが、なぜこの風習が行われるようになったのかということについて知らない方も多いでしょう。

もともとは、御霊祭りと呼ばれる風習が起源とされており、先祖の霊を祀るためのお供え物を、親族やご近所の方へ配るという風習の名残として現在まで続いていると言われています。



そしてこの風習は何よりも時期が重要だとされており、それを逃すと感謝の意味が薄れてしまうため、贈る時期には十分に気を付けるようにしましょう。



またお歳暮は、ただ物を贈ればいいというものではなく、商品の選び方も重要になります。

いくら感謝の気持ちをこめて贈り物をしても、相手にとって必要ないものや、喜ばないものを贈っても意味がないからです。



お酒をあまり飲まない方にお酒を贈ったり、一人暮らしの方に大量の食品類を贈ってもあまり喜ばれるとは言えないでしょう。


ですので贈り物を選ぶ際は、相手の趣味趣向や年齢、そして家族構成などをよく考えることが重要になります。

さらに最近では、お酒や食品といった現物を贈るだけでなく、カタログギフトという形で贈り物をするケースが増えています。

カタログギフトというのは、さまざまな商品が掲載されたカタログの中から、相手に好きな商品を選んでもらうという仕組みの贈り物です。


お歳暮では、相手が喜ぶような商品を選ぶ必要がありますが、カタログギフトであれば、相手が好きなものを選べるため、商品選びに失敗することがないというメリットがあると言えるでしょう。