お歳暮を早めに手配するメリットとは

年末が近づいてくるとやってくるのがお歳暮の手配。
最近ではかなり早い時期から商品を手配しておく人が増えています。



その理由は何でしょうか。そもそも、お歳暮を贈る適切な時期は相手の住んでいる時期によって違い、関東は12月上旬から20日ごろまで、そのほかの地域は12月10日過ぎから20日ごろまでとされています。

本来、お歳暮はお正月を迎える準備の一環で、本家に先祖あての供物を届ける所から始まっています。

マナーとしては12月の中旬から下旬に挨拶と共に自宅に持っていくのが正解なのですが、近年は遠い場所に住んでいる人に贈りたい、自宅まで持っていくことで相手を煩わせたくない、持っていく時間と受け取る時間が合わない、などの理由から宅配便によるやり取りが主流になっています。



では、その手配を早めにするメリットはどこにあるのでしょうか。
12月は期末や年末ということで忙しいことが多く、他のことに気を取られているとお歳暮の手配はついつい後回しになってしまい、気付いた時にはもう手遅れだったという事も少なくありません。


ほかにも、ギリギリのタイミングで手配した場合、目当ての商品が売り切れになって取り寄せに時間がかかったり、クリスマスの時期に近い事で物流がうまくいかず遅配が発生してしまったりといった恐れがあります。

早期手配はそういったことを防げるというメリットがあります。

また、店側にとしても忙しさを分散させる、発注量を早めに確定させるなどの目的から早めに手配した人に対して早割などのお得な割引を用意していることが多くなってきました。手配する側される側双方にメリットがあります。



安く、そして安心して贈ることのできるお歳暮の早期手配、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。